スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えのお手伝い☆

2008/06/28 (土)  カテゴリー/ひだまりの仲間たち

菊さまの田植えのお手伝いに行ってきました。
といっても、前日菊さまやお父さま達によって、ほとんど終わっており、
田植え初心者の私は手伝いにきたのやらどうなのやらという感じでありました

ひさしぶりに泥だらけになり、自然の中でのびのびした気分になりました。
お昼は大ごちそうで、みなさんと一緒においしくいただきました。
ん~、しあわせ
菊さま、弟子殿、本当にありがとうございました



夏は来ぬ
(佐々木信綱作詞・小山作之助作曲/文部省唱歌)

1、卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

2、さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

3、橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ


聞いたら分かると思うのですが、お弟子殿がほとんど歌っているのです。
ほんとにきれいな歌声ですよね
私はふにゃふにゃ歌って、最後だけ「なつ~は~き~ぬ~~」

皆さんもよかったら、動画に合わせて歌ってみてくださいね

さんはいっ


1、卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

2、さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

3、橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ


4、楝(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

5、五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ


ちなみに、横に見える黄色と赤の派手なのが、我が夫です
けんちゃんもいつかは自分で田んぼも作りたいと熱く語っておりました
スポンサーサイト

けんじの歴史②

2008/06/14 (土)  カテゴリー/ひだまりの仲間たち

しばらくお休みをいただいておりましたが、帰ってまいりました。
留守の間にお電話を下さった方いらっしゃいましたら、本当にすみません。
ブログを見てくださっていた方もありがとうございます。

実は、実は、ひだまり研修旅行に行ってきたのです

じゃん!!
PICT3213.jpg
イタリアの農園レストラン・“アル ボン ヴェント”

けんちゃんが4年前、レストランと畑のお手伝いで、しばらくお世話になった、
玄米菜食のレストランです☆

おばあちゃんやみなさんに結婚の報告をしに行ってきました

燻製作りを教えてほしいという、さっちゃん(けんちゃんのお母さんみたいな人☆日本人です)のために、大きな空き缶を見つけて、燻製器を作るけんちゃん。

PICT3304.jpg
鳥の燻製はブライアン(さっちゃんのダーリン)にも大好評
今度豆腐の燻製を作ってみると言っていました。
よかったね~けんちゃん


PICT3302.jpg
見渡す限り続く畑…
ブライアンもおじいちゃんも、野菜を作っています
ほんとに広々~
イタリア語が分からない私は、畑を見て、「タントタント!タントタント~!!(たくさん、たくさん)!!」ばっかり言っていました
有機農で野菜を育てています

さっちゃんに教わりながら、みーちゃんと作っているのは、本場イタリアの…PICT3215.jpg


じゃ~ん!!
PICT3269.jpg
ティラミスです
さっちゃんのレストランはマクロビオティックなお店なので、普段は甘酒等を使ったティラミスを作っています(これまたおいしいっ!!)が、
「本場のティラミス、たべさせちゃ~たい」と作ってくれました


思ったことは、世界は広いということ。
日本にいて、育って、当たり前だと思っていたことが、
実はそうではないのだといろいろな場面で感じました。

いろいろな人がいて、
同じ地球に生きていること。

言葉がとても大切だということ。
でも、それを超えるものがあるということ。

けんちゃんは畑をし、料理をして暮らしています。
イタリアでも、いちごやアスパラガスの収穫を手伝ったり、
市場へ、パンやお野菜のお店を出すお手伝いをしたり…
PICT3254.jpg

土に触れ、畑を耕し、自然と共に生きている人は、住んでいる場所は違っても
同じ想いを共有できる、大事なことを知っている人たちのように思いました。

けんちゃんを見ていると、
「人類皆兄弟」「地球の子ども」
という言葉が浮かびます。
PICT3338.jpg


一生心に残る、とても素敵な旅でした。
さっちゃん、みなさん、本当にありがとう。
そして、けんちゃん。
あなたがいなかったら、私は今頃電車にも乗れずに、
途方にくれて、今頃イタリア人になってたよ~~

                 

PICT3266.jpg
さっちゃんとブライアン☆
さっちゃんは、レストランと8人の大家族のあれこれを切り盛りする、肥後弁バリバリの肝っ玉母さんです

PICT3211.jpg
かわいい三人の子ども達。
イタリア語と日本語もしゃべれます。
いっぱい遊んでもらいました

                 

そして、長野に帰った私達を迎えてくれたのは、
長野の山々と段々に広がる水田と、ほたるの光
(そして草に囲まれたひだまりっ!!

玄米ご飯とお味噌汁、
それに、あつ~い番茶。

は~、しあわせ~~

けんじの歴史①

2008/05/09 (金)  カテゴリー/ひだまりの仲間たち

けんちゃんの歴史を語る上で欠くことのできない場所の一つに、
沖縄の「エコネット美(ちゅら)」があります。

先日、そのちゅらから「ちゅら通信」という新聞が送られてきました。
「わあ、載ってる載ってる!!」
何が載っているかは、ちゅらのHPをご覧ください。
ちゅらがどういうところなのかも分かりますよ

エコネット美(ちゅら)
「私たちエコネット・美のエコツアーは、
沖縄・山原(やんばる)・東海岸で、自然を壊すことなく自然とともにこの地でくらしてきた
先人達のじんぶん(知恵)から学び、
そこに現代のじんぶんを加え、自然の中でのくらしを
まるごと疑似体験してもらおうという体験型のエコツアーです。」(HPより)


ね、素敵なところでしょう。
それから、この「ちゅら通信」を見て、な、なんと香川県から「ひだまり」にお問い合わせがありました。
「香川から、どうやって行けばいいでしょう??」
びっくりくりです
ひだまり、ついに全国区??


けんちゃんはそこでしばらくの間、ボランティアスタッフをしていました。
それからもう何年も経つのに、今でもけんちゃんと「ちゅら」のみんなとの絆は強くって、
結婚が決まった時「んま~、けんじ~、絶対二人であそびおいで~!!」と連絡あり☆
早速とことこ出かけていきました

PICT2208.jpg
ヌーファの里(「ちゅら」の拠点)への入り口☆

PICT2165.jpg
森の中を下っていくと…

わあ!!
PICT2168.jpg


今日は一日、じんぶん学校体験です。

もちろん、食材は自分でゲット☆
PICT2180.jpg


PICT2178.jpg
じいさんは山へ薪を取り、火をおこし、夜ご飯の準備…

PICT2172.jpg
おばあさんは海へ洗濯に…

PICT2192.jpg
これがうわさの、ヌーファ産・けんちゃん定食です
オオタニワタリ入りラーメン&パパヤーチャンプル&炊きたてごはん

PICT2195.jpg
“げっとう”の葉で沸かしたお茶もあります☆


ヌーファの魅力はこのくらいでは書ききれませんが、どうでしょう?
ね、あなたもヌーファに行きたくなったでしょう??
明るくて楽しくて、愉快で素敵なスタッフが待っていますよ♪

PICT2214.jpg
「ちゅら」のばあばとアンナ、こずえねえと共に。
けんちゃん、沖縄でもピザパーティしました

PICT2218.jpg
また会えるのを楽しみに。「はいさ~い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。