☆☆ひだまり☆キャンドルナイト☆☆

2008/06/29 (日)  カテゴリー/今月のイベント☆

28日に近しい方々をお呼びして、ろうそくの明かりでご飯を食べましょうという、
ひだまりキャンドルナイト~エコの集い~を行いました。

エコの集いといっても、もともと地球に優しい人たちばかり。
ろうそくの明かりの中、みんなでわいわいおしゃべりがしたかったのです

PICT3707.jpg

たくさん集まったろうそく達。一品持ち寄りで、大ごちそう☆
けんちゃんは暗闇の中、ピザを焼きました

PICT3701.jpg

ごちそうの後はひだまりちゃんのちょこっとおはなし会。
今日は、ほたるの歌の輪唱と、昔話「だんまりくらべ」の素話です。

ほたるこい
やまみちこい
あんどのひかりを 
ちょいとみてこい


すごいと思ったこと①
皆が帰る時に本当にほたるが一匹、来てくれました
「歌うたったけんやなあ」という子。
「ほ~たるこい」と歌う子…なんだかいいですね


「だんまりくらべ」はおじいさんとおばあさんが、最後に残ったお餅をどちらが食べるか、だんまりくらべ(先にしゃべった方が負け)をするという話。
昔々はこんなふうだったのかなあと思いながら、ろうそくの下、
ひさしぶりにおはなししてみました。

すごいと思ったこと②
片付けの時、騒ぎ出した子ども達に、まこ殿が言いました。
「では、今からだんまりくらべをはじめるぞよ」
「!!」
そのとたん、みんな口を閉じて、じ~~。
お話が実体験になるとはこういうことを言うんだなあと感動。
そして、「だめよ、だめよ」と言うのではなく、先ほどの話にかけて、子ども達を一瞬のうちに静かにさせ、しかもまた楽しい遊びを見つけてくれた、まこ殿のすごさ
は~~、まいりました~~


その後、みんなにお願い事を一つずつ言ってもらいました。

ロバがいるといいなあ。
ガソリンが千円になればいい。
みんなが幸せを感じられる世界になったらいいな。
早寝早起き!!(小2の女の子)
お金のない世の中になりますように。
テレビがなくなればいい(小5の男の子)
小学校が全部木造の校舎になればいい。
自然がいっぱいの(庄内のような^^)ところに住みたい!!
戦争はいやだよ。(5歳男の子)
梅干をつける後姿がかっこいいおばあちゃんになりたい。
プラスティックやガラスでなく、日本にいっぱいある竹の生活に戻るといいなあ。
自然がなくなりませんように。
マ○ドナルドが、木(モク)ドナルドになりますように・・・


最後に「ぱんっ!!」と一手打ち。(博多一本締め??)

みんなの願いがいつかいつか叶って、今より住みよい世界になりますように
みんなの願いが一人でも多くの人に、届きますように

さて、待ってましたの、その姿。
「おさむらい、来る?」「おさむらい、今日は来る??」
と始まる前から、私の足にしがみつき、質問攻めにしていた子ども達の顔がキラリと光りました
PICT3705.jpg

すごいと思ったこと③
菊さまが帰った後、ある子が「おさむらいの時代に帰ったんや・・・」と
ぽつりと言いました。最後まで子ども達を楽しませてくださった菊さま。

その後「ねえねえ、次はゆみちゃんがおさむらいの役して!!」
・・・うう。無理でやんす



来て下さったみなさま、本当にありがとうございました。
テレビとかゲームとかなくっても、
人がいるだけで、ただそれだけで、こんなにも楽しい時間が過ごせるのですね。
そして知った、電気のありがたさ。
ありがとう。電気。
早寝早起きがんばります

そして
PICT3711.jpg
忘れ物で~す。
ひだまりでお預かりしていますので、心辺りのある方はおっしゃってくださいね☆

すっかりロウソクファンになった、ひだまり家では
PICT3708.jpg
今夜もちょっぴりキャンドルナイト☆
これからも、夜ごはんを食べる時くらいは、
ロウソクにしてみようかと二人で話しています
スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

田植えのお手伝い☆

2008/06/28 (土)  カテゴリー/ひだまりの仲間たち

菊さまの田植えのお手伝いに行ってきました。
といっても、前日菊さまやお父さま達によって、ほとんど終わっており、
田植え初心者の私は手伝いにきたのやらどうなのやらという感じでありました

ひさしぶりに泥だらけになり、自然の中でのびのびした気分になりました。
お昼は大ごちそうで、みなさんと一緒においしくいただきました。
ん~、しあわせ
菊さま、弟子殿、本当にありがとうございました



夏は来ぬ
(佐々木信綱作詞・小山作之助作曲/文部省唱歌)

1、卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

2、さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

3、橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ


聞いたら分かると思うのですが、お弟子殿がほとんど歌っているのです。
ほんとにきれいな歌声ですよね
私はふにゃふにゃ歌って、最後だけ「なつ~は~き~ぬ~~」

皆さんもよかったら、動画に合わせて歌ってみてくださいね

さんはいっ


1、卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

2、さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

3、橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ


4、楝(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

5、五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ


ちなみに、横に見える黄色と赤の派手なのが、我が夫です
けんちゃんもいつかは自分で田んぼも作りたいと熱く語っておりました

雨のひだまり☆

2008/06/20 (金)  カテゴリー/本日のメニュー

「ゆみちゃん、来て来て!!」

けんちゃんの呼ぶ声に台所から外を見ると…

あっ
PICT3578.jpg


見えますか??
PICT3577.jpg

け:「かえるが雨宿りしてるよ」
ゆ:「ほんとだね、何かおしゃべりしてるのかもね」

        
PICT3580.jpg

かえる①:「近頃、ずっと雨ですなあ。
わしらは雨がすきですけんど、あんまり大粒の雨じゃと、ばしばしと体を打って、痛いですもんなあ」

かえる②:「ああ、それで体をまるくしておられるのですね。確かに最近の粒は大きいですなあ。
いい雨宿りの場所を見つけて、よかったですな~。」
PICT3579.jpg


かえる①「そういえば、ここはレストランのようじゃけんど、どんな料理がでるの知っとるかえ??」

かえる②「昨日のお客さんは、ん~、そういえば

・採れたてポテトサラダ
・じゃがいもと豆乳の冷たいポタージュ
・もっちりハーブパン
・豆とたけのこのリゾット
・畑のピザいろいろ(ニラとたけのこ、おもちと玉ねぎ、スナックエンドウ)
・夏みかんピール入りおからケーキ
・ハーブティー

を食べていたようですよ。
初夏のメニューだね、なんて、ゆみちゃんが喜んでいましたよ」

かえる①:「わしも畑のピザ、食べてみたいのう」

かえる②:「今度いっしょに行きましょうよ!」

かえる①:「いいのう、いいのう」
        

け・ゆ:「かえるくんもやってくる、畑のレストラン・ひだまりへ、
みなさんも、ぜひお越しくださいね

けんじの歴史②

2008/06/14 (土)  カテゴリー/ひだまりの仲間たち

しばらくお休みをいただいておりましたが、帰ってまいりました。
留守の間にお電話を下さった方いらっしゃいましたら、本当にすみません。
ブログを見てくださっていた方もありがとうございます。

実は、実は、ひだまり研修旅行に行ってきたのです

じゃん!!
PICT3213.jpg
イタリアの農園レストラン・“アル ボン ヴェント”

けんちゃんが4年前、レストランと畑のお手伝いで、しばらくお世話になった、
玄米菜食のレストランです☆

おばあちゃんやみなさんに結婚の報告をしに行ってきました

燻製作りを教えてほしいという、さっちゃん(けんちゃんのお母さんみたいな人☆日本人です)のために、大きな空き缶を見つけて、燻製器を作るけんちゃん。

PICT3304.jpg
鳥の燻製はブライアン(さっちゃんのダーリン)にも大好評
今度豆腐の燻製を作ってみると言っていました。
よかったね~けんちゃん


PICT3302.jpg
見渡す限り続く畑…
ブライアンもおじいちゃんも、野菜を作っています
ほんとに広々~
イタリア語が分からない私は、畑を見て、「タントタント!タントタント~!!(たくさん、たくさん)!!」ばっかり言っていました
有機農で野菜を育てています

さっちゃんに教わりながら、みーちゃんと作っているのは、本場イタリアの…PICT3215.jpg


じゃ~ん!!
PICT3269.jpg
ティラミスです
さっちゃんのレストランはマクロビオティックなお店なので、普段は甘酒等を使ったティラミスを作っています(これまたおいしいっ!!)が、
「本場のティラミス、たべさせちゃ~たい」と作ってくれました


思ったことは、世界は広いということ。
日本にいて、育って、当たり前だと思っていたことが、
実はそうではないのだといろいろな場面で感じました。

いろいろな人がいて、
同じ地球に生きていること。

言葉がとても大切だということ。
でも、それを超えるものがあるということ。

けんちゃんは畑をし、料理をして暮らしています。
イタリアでも、いちごやアスパラガスの収穫を手伝ったり、
市場へ、パンやお野菜のお店を出すお手伝いをしたり…
PICT3254.jpg

土に触れ、畑を耕し、自然と共に生きている人は、住んでいる場所は違っても
同じ想いを共有できる、大事なことを知っている人たちのように思いました。

けんちゃんを見ていると、
「人類皆兄弟」「地球の子ども」
という言葉が浮かびます。
PICT3338.jpg


一生心に残る、とても素敵な旅でした。
さっちゃん、みなさん、本当にありがとう。
そして、けんちゃん。
あなたがいなかったら、私は今頃電車にも乗れずに、
途方にくれて、今頃イタリア人になってたよ~~

                 

PICT3266.jpg
さっちゃんとブライアン☆
さっちゃんは、レストランと8人の大家族のあれこれを切り盛りする、肥後弁バリバリの肝っ玉母さんです

PICT3211.jpg
かわいい三人の子ども達。
イタリア語と日本語もしゃべれます。
いっぱい遊んでもらいました

                 

そして、長野に帰った私達を迎えてくれたのは、
長野の山々と段々に広がる水田と、ほたるの光
(そして草に囲まれたひだまりっ!!

玄米ご飯とお味噌汁、
それに、あつ~い番茶。

は~、しあわせ~~