スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会終了☆

2009/07/31 (金)  カテゴリー/今月のイベント☆

前回お知らせしていた、平野虎丸先生の講演会が無事に終了しました。
日本熊森協会大分支部準備会、初めての大イベント。
どうなるかな、いっぱい来てくれるといいなとみんなでドキドキしていましたが、
本当にたくさんの方が来てくださって、大感激でした。

森のこと、これからのことを自分の損得じゃなくて、一緒に考えることができる人たちが
こんなにいるんだなあと思うと共に、
実行委員一人一人の熱意が伝わったんだなあと思うと胸がいっぱいになりました。

私は司会をさせてもらったのですが、
一番最後、後方にいたスタッフがみんな立ちあがっていて、
それが本当にみんないい顔でこちらを見ていて、

ああ、みんな気持ちは一つなんだな、
来てくれた人に、虎丸さんに感謝の気持ちでいっぱいなんだなと思うと、
ぐうっと熱いものが込み上げてきました。

みんなが自分の得意分野をはっきして、できることをやろうと駆け回った1ヶ月でした。
かっこいいなあ、すごい仲間たちだなあ、
私ここにいれてよかったなあって心から思ったんですよ。
ありがとう。

そして来てくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。
至らぬ点が多々あったと思いますが、この反省を今後につなげていこうと思います。
賛同や励ましのお言葉も本当にうれしかったです。

準備会の活動には参加できないなあと思われた方も、
もし今回の講演を聴いて、何かできることがあるかなあと少しでも思われた方は、
ぜひぜひ日本熊森協会の会員になってください。

国を動かす100万人の会員が目標です。

今全国で2万3千人を越えました。

大分はまだ200人にもなりませんが、
私たちの目標は、大分で2万人!!(そうしたら全国で100万人だから!)

一人一人の会費で、熊森の活動は成り立っています。
本部は、ボランティアでなく、職業として自然保護をするような世の中にならなければいけないと、
正職員を採用をすすめていますが、この方たちのお給料も会費からまかなわれます。

これは欧米では当たり前のことだそう。
就職の選択肢に自然保護がある…そんな日本を熊森はめざしています。

会員にも正会員から購読会員、寄付会員などありますが、
会費無料のボランティア会員や賛同会員(熊森のことを広める)など入りやすいものもあります。

自分に合った会員になれるところが、熊森協会をみなさんに勧めやすく紹介しやすい点です。
(会員の種類、会員になる方法はこちらをごらんください☆)

100万人の一人になりませんか?
そして何かどうしようもなく、暗く大きな流れをみんなでひっくり返しましょう!!
や~~!!!


講演の様子は大分支部準備会のブログをごらんください


終わると思ったでしょう。
でももう少し続きます。(今日は調子がいいのです☆)

けんちゃんがどうしても間伐の仕方(チェーンソーを使った方法と巻き枯らしの方法)を教わりたいとお願いしていたので、虎丸さんはこの日はひだまりに泊まっていただきました。(一時過ぎまで宴会

そして翌日8時半、間伐講習会に精鋭たちが集まりました。

PICT5142.jpg

私はごはん部隊でお留守番。
あすか隊員に写真をお願いしていたので、紹介します。

PICT5155.jpg

PICT5169.jpg
小学6年生のたかしも…講演会で5年生と紹介してしまいました。(ごめんよ)
たかし…チェーンソーまで使って…いつのまにこんなに大きくなったのかい

PICT5175.jpg
ログハウス作りのため、ついに買ったチェーンソーで。けんちゃんもがんばっております☆

PICT5181.jpg
巻き枯らしをすると材として使えない、いつ倒れるか分からない等、問題もあるそう。
場所や条件に合わせてどちらの方法が適しているのか考えようと話していました。

おかえり~~♪
PICT5186.jpg
2時間めいいっぱい、みなさんおつかれさまでした☆けんちゃんも大満足の様子。

PICT5184.jpg
夕べ持ち寄ってくださったおいしいゴーヤチャンプルをけんちゃんのなすびとズッキーニで増量♪

あとはオサムライ菊さまの梅干とけんちゃんのちりめんピーマン。
ひだまりこっこの玉子焼きと、それからおにぎりいっぱいです。
菊さまのしそおにぎりは最高においしかったなあ
しあわせでやんす

PICT5185.jpg
こちらのおひげの方が虎丸先生。

半世紀に渡り森を守り、野生動物を守るため活動を続けてきた先生のお話はどれもこれも本当に興味深く、お話していてとても楽しかったです。
はじめは本当にたった一人の戦いだったそう…その熱意と行動力に圧倒されたり、
知識の豊富さに恐れ入ったり、あれもこれも質問したくて、
とにかくフル回転でたくさんのことを教えていただきました。

その後も気になっている場所を2箇所見ていただきました。

虎丸さんは植えない森づくりを提唱されていますが、場所や条件によっては植林した方が早い場所もあるそうです。今回見てもらった場所はそのようでしたが、市の所有地なので、今後植林させてもらえるよう交渉していこうと思います。
PICT5187.jpg

ああ、虎丸さん、本当にありがとうございます。
その実直で飾らないお人柄と、信念を貫く真っ直ぐな男魂、とにかく動くその行動力、そしてあそび心を忘れない人間味あふれる虎丸さんに、みんなメロメロです。

特にけんちゃんは虎丸さんのような方が大好きなんですよ

またお会いできる日を楽しみにしています。
お体が本調子でないのに、無理をさせてしまったのではないかと心配しています。
ひっぱりだこの虎丸さんですから、お忙しいと思いますが、お体だけは大事にされてください。

本当に本当にありがとうございました。


菊さまの虎丸さん賛歌ちぱるさんのブログもご覧ください♪
スポンサーサイト

環境講演会のお知らせ☆

2009/07/10 (金)  カテゴリー/今月のイベント☆

みなさん、7月26日あいていますか~??
あいている方はぜひぜひ来ていただきたい、聴いていただきたい講演会があります。


豊かな森を子どもたちに

平野虎丸 環境講演会

             

日時:7月26日(日)15時~17時(その後懇親会あり)
場所:由布市はさま未来館 2階 大研修室
参加費:500円(高校生以下無料)
     
        ※懇親会参加者は別途参加費必要(おやつ付き)

主催:日本熊森協会大分支部準備会
お問い合わせ:097-529-5194/090-5558-2597(花本)

IMG_20090710170239.jpg


平野虎丸さんってどんな人?

熊本県球磨郡水上村、林業家5代目として生まれ、
16歳から熊本・宮崎の国有林原生林伐採にかかわる。

1986年、熊本県の自然林の危機を感じて「熊本自然を守る会」設立。

日本政府による森林・木材生産の政策転換を提言するとともに、

「自然と人が共生できる社会」をめざして、

地球にやさしい実生の森づくり(植えない森づくり)を推進、日々実践活動、啓蒙活動に取り組んでおられます。

ぜひぜひ虎丸さんのHPをご覧ください☆☆(→こちらこちらもぜひ

             

地球環境を守り子供たちを健やかに育てる自然の森…
まさに私たち、熊森会員が目指すものです。

命の源は森から。
私たちが毎日息ができるのも、蛇口をひねれば当たり前のように水を飲めるのも、みんな森があるからなのです。
その森は動物と植物、どちらもいなくてはなりたたない、自然の森。

荒れた杉やヒノキの森を、自然の森にもどそう。動物たちにかえそう。
そしたら、子どもたちの未来においしい水と空気を残すことができるよ。

動物たちにすみかと、食べ物を、
農家の人に安心を、

土砂崩れの危険も今よりずっと少なくなるし、

杉やヒノキの人工林も縮小した分だけ、今よりもっと手入れができて、
木材として利用できるものが増えるでしょう。

国産材の大切さも、私たちはこれからもっと知り、
選ぶ心を養わなければいけません。


熊森大分支部準備会、はじめてのイベントです。
たくさんの人に来てもらいたい。

ぜひぜひこの時間を共有しませんか??

チケットはひだまりにもあります。

人数把握のため、スムーズな受付のため、
できるだけ事前の購入をお願いします♪♪

分からないことがあったら、うちに連絡いただいても構いません。
150人の会場がうまりますように。

みなさんのお越しをお待ちしております☆☆



菊さまのあついブログもご覧ください☆☆

いのちをいただく

2009/07/06 (月)  カテゴリー/今月のイベント☆

今日は本当はにょんにょんニョッキ教室のはずだったのですが、

PICT5129.jpg

諸事情から急遽変更して、
いのちをいただく会となりました。


そうです。
去年の8月からけんちゃんが大事に大事に育てていたこっこ。

オスの「黒尾っぽこっこ」をついに絞めることになったのです。

PICT5130.jpg

ひだまりこっこのオスははじめ3羽いたのですが、
1羽はN家にお婿に行き、2羽になっていました。

のんびりやだけど体は大きい「ボス」と、尾っぽが黒くて小さいけど勝気な「黒尾っぽ」。
はじめは「黒尾っぽ」の方が強かったのに、
いつのまにやら形勢逆転。

最近はボスがこわくて、止まり木から降りられない日々が続いていました。

けんちゃんが止まり木までえさのかごをあげないとえさも食べられなくなっていて、

「このままではかわいそうだ。
もともとメス8羽にオス2羽は多すぎる。
そろそろ絞めよう。」

と決意したのであります。

PICT5133.jpg
足をしばって…

それからは写真に撮れませんでした。

近所の仲良し家族さんがかけつけてくれて、
けんちゃんが絞め、用意していた大鍋につけ、みんなで毛をむしり、
けんちゃんが肉を切り分け、料理してくれました。

PICT5137.jpg

メニュー☆
・鶏肉のトマト煮
・レバーいろいろの焼き鳥
・玄米とおからのドリア
・しそポテト
・ひだまり卵の燻製
・けんちゃん特製納豆
・きゅうりの梅かつお
・N家の無農薬桃
・つるつるところ天
PICT5139.jpg

なんて大ごちそう!!
こっこの命です。

かみしめて、大事にゆっくりいただきました。
命をいただくことの本当の意味を、生まれて始めて目にした気がします。

おいしいなあ。
おいしいよ。黒尾っぽ。


ありがとう。
ありがとう。

私たちは日々こうして生きているのですね。
生きていることを私たちはもう少し大事に思わなくてはいけませんね。


夜、寝る前に目をつぶり、二人でこっこにもう一度ありがとうを言いました。

ありがとう。こっこ。

そしてありがとう、けんちゃん。
来てくれたみんな。

これからいくつ回を重ねても、
今日の気持ちだけはずっと忘れないでおこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。