お願い九電さん!

2011/05/20 (金)  カテゴリー/日々のあれこれ

4/26、チェルノブイリ原発事故から25年のその日。
この日は私たちにとって、とても大きな一日でした。

一人の父親として九電さんに要望書を届けに行く。

そう決めたけんちゃんに賛同してくれた方が、
なんと子供たちも入れて70人近くもあつまってくれたのです。

普通のお母さん、お父さん、
赤ちゃんを抱えたママさん、
おじいちゃんや農業をしている人、
おぼうさんのような方やサラリーマン風の方…

九電さんも真摯に対応してくださって、
一人ひとりの要望を聞き、
質問にも答えてくれました。

本当にみんなが一生懸命思いを伝えました。
みんなみんな泣いていました。
九電の担当者の方も同じ一人のお父さんでした。

「従業員のみなさんが安心して、喜びと誇りを持って働けるようにしてあげてください」
というある主婦の方の訴えが胸に響きました。


まだまだ道のりは遠いのですが、
お願いすることなら、一人でもできる。
みんなが、手紙でもファックスでも、
一人でも、仲間とでもいいから思いを伝えれば、
きっときっと変わると思います。

被災地の方が少しでも安心して九州に来れるように。
子供たちに持続可能なエネルギーを残してあげられるように。

みんなのあったかパワー、あ~つまれ!!

何かしようかなと思ったあなた★菊さまのブログをご覧くださいね!!

PICT0194.jpg
最近のみんみちゃん♪
私がたたんだおむつをおむつ籠になおしてくれます!(ぐちゃぐちゃになるけど^^;)
毎日できることが増えていって、びっくりです!!
スポンサーサイト

6月のイベント

2011/05/20 (金)  カテゴリー/今月のイベント☆

かえるくんたちが毎日元気にないています。
ひだまり田んぼ、2年目の春。
けんちゃんは畑に田んぼに大忙しです。

みなさんはいかがお過ごしですか?

今回もいくつかまとめて更新しますので、
時間のあるときに、ゆっくり読んでくださいね!!


まずはイベントのご案内★

6月のひだまりイベントは…

みんなでつくろう♪


ぎょうざパーティー


日時:6/19(日)10:00~13:00(予定)
参加費:大人1500円、子供(小学生まで)800円
持ってくる物:エプロン、麺棒
※天気によっては、お外でします。帽子なども持ってきてください。 

申込:6/17(金)までにお電話ください。先着15名です。

以前して大好評だった、ぎょうざづくりの会。
もちろん皮から作ります。
わいわい作って、おいしく食べて、
たのしい一日をひだまりで過ごしませんか?

みなさんのご参加をお待ちしております♪


さてさて、4月のイベント★ひだまりこっこを食べる会の様子をご紹介します。

初代ボスとめんどりちゃんの合わせて2羽をつぶしてみんなで食べました。

PICT0172_20110520123315.jpg
けんちゃん、ちょっぴりさびしそう。

PICT0174_20110520123329.jpg
動かないように足をしばります。

つぶした後は、
PICT0177_20110520123328.jpg
みんなで羽をむしって、

PICT0179_20110520123327.jpg
けんちゃんと一緒にさばいてくれたのは、
中学2年生のたかし!
どんな大人になるのか楽しみです♪

命の話、食の話をしながら、ご飯の用意。
さあ、おいしい鶏ランチのはじまりです★

さばいたお肉は
PICT0181_20110520123327.jpg
新鮮!お刺身と

PICT0185_20110520123326.jpg
炭火焼!

PICT0187.jpg
煮込んだのもおいしかったな~。

PICT0183.jpg
それから、彩米おにぎりと、

PICT0184.jpg
梅色春雨サラダ

PICT0186.jpg
春の苦味あり、クレソンでさっぱり。

PICT0190.jpg
デザートは梅のぷるるんゼリー。

おなかいっぱい食べました。

参加してくださったみなさんからは、

「感謝して食べる心を子供に教えたいと思って」
「鶏の時とお肉になった時の“間”を見ることができてよかった」
「お肉を残したりできないですね」
「命を考えることから、現代は離れすぎている気がします。」

などといった感想が寄せられました。

命をいただいて生きている。
この気持ちをみなさんと共有できて、
一緒にこっこちゃんをおいしく食べることができて、
とってもよかったです。

とてもとてもいい会でした。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

PICT0195_20110520125329.jpg
次の日は鶏ガラスープで親子ラーメン♪
ありがとう、こっこ。
いただきます。
そして、ごちそうさまでした。