みんみと田舎暮らし(初夏)

2013/06/10 (月)  カテゴリー/みんみのこと

その①

「みわー、おいで~」
夜ごはんの後、けんちゃんの声。

「なになに?」
行ってみると、あら、いらっしゃい。

わあ、光ってるね。
ほたるだね。

玄関先までやってきた。

せっかくだから、うちの田んぼまで、
夜のお散歩うれしいな。

「あ、あそこにも!あっちにも」
「おつきさまもこんばんわ~、こんばんわ~」

IMG_0440_convert_20130610102608.jpg
今年はグミが豊作です。
お客さまに出したら「懐かしい!」と皆さん言われます♪


その②

「フキの下にはコロボックルっていう、小人さんがいるんだよ。」

大好きな山猫さんに教えてもらったみんみ。

それからフキの道を通るたび、
何やら腰をかがめて、覗き込んでいます。

私「いた?」
み「いない いない」
私「小人さん、びっくりして隠れちゃったかもね」
み「どこに?どこに?」
私「石のしたかな。草の陰かな?」

こんな会話がとってもうれしい。
空想の世界でいっぱいにあそんでる。

IMG_0459_convert_20130610102654.jpg
「みわのはこれ。母さんの傘はこれだよ~」


その③

雨の日はお散歩にいけません。
だからその分、おうちであそぶ。

絵本に踊りに、わらべうた。

赤ちゃんの時からのお気に入りは…

ぎっこんばっこん よいしょぶね
おーきは なーみが たーかいぞ

(この繰り返し。
向かい合って手をつないで、前後に揺れます。
お膝にのせてゆれたりもします。)


そんなある日。
こちゃろん(1歳になりました)がおもちゃを口に入れようとしていた時のこと。

み「こら、こーた、食べたらだめよー」
こ「うーうー」
み「こらこらこーた」
と、ひっぱりあいっこ。

これはまた二人とも泣き出すかな?と思ったその時、

み「ぎっこんばっこん よいしょぶね
 おーきは なーみが たーかいぞ」

みわが、ひっぱりながら歌い始めたではありませんか。

いつのまにか、こうたもにこにこ。みわもにこにこ。

「おこりそうになったら、笑いにかえればいいのよ」
という、保育士先輩ママさんの言葉を思い出し、

うふふ、 うふふ。
みわ、すごいね。お母さんも見習わなくっちゃ!

IMG_0312_convert_20130610102237.jpg

お手伝い大好き!
最近はお店でもお手伝いします♪
スポンサーサイト

お米作りも4年目☆

2013/06/10 (月)  カテゴリー/お米作り

今年も今年もやってきた。
けろけろ けろろ けろけろろ

田んぼのかえるが呼んでいる。

代(しろ)かきして、苗床作って、さあ苗取り。
最後にもう一回代かきして、田んぼをなるべく水平にしたら…

さあさあ、今日は田植えの日!!

IMG_0399_convert_20130610102418.jpg
強力助っ人やってきた!(一日目)

IMG_0402_convert_20130610102450.jpg

子供達もやってきた!!
(2日目・808ヤマジさんとのコラボイベント☆)

うれしいな。うれしいな。
田んぼに入るって気持ちいいな。

土に、水にふれて、
おいしい空気をいっぱい吸って、

食べ物のこと、生きてるということ、
いっぱいの自然に囲まれて、

みんなで自然に考える。

終わった後はみんなでごはん。

おいしいな。おいしいな。
ありがとう。ありがとう。

感謝の気持ちがわいてくる。

心地よい疲労感と満足感。

あなたも田んぼに入りませんか?

808(ヤオヤ)ヤマジさんとのコラボイベント。
次回は田んぼに入って草をとります。
(詳しくはヤマジさんブログをチェック!!ORひだまりに電話にてお問い合わせください。7/15予定)


どうして草を取るのかな。
除草剤を使わない、自然の田んぼだからだよ。

おいしいお米ができるように。
生き物がたくさん戻ってくるように。

けんちゃん4年目のお米作りは、
まだはじまったばかりです。

IMG_0421_convert_20130610102530.jpg
「ほら、おたまじゃくしだよ~」