みんみと田舎暮らし☆

2014/06/18 (水)  カテゴリー/みんみのこと

うちの看板娘みんみ(4歳)は、昔話が大好き。

幼稚園から借りてきた、『さるかにむかし』を何回も読んで読んでと持ってきます。

「はようめをだせ、かきのたね

ださぬとはさみでちょんぎるぞ」

というフレーズが大好きで、毎回あははと大笑い。


『くわずにょうぼう』を読んだ後は、よもぎをみると

「おとこがかくれているかもね」

あやめのなどの、刀みたいにすっとした葉を見つけると、

「おにばばが来たら、ここに隠れようね」などと、

昔話の世界でめいいっぱい遊んでいます。


「鬼」は、みんみが、わがままっこになっていたりするときにも大活躍で、

どんなに「いやいや」泣いていても

「あ、鬼さんが来るってよ!」というと、ぴたっと泣きやみます。


以前、図書館で働いていたときに、検索機で遊んでいる子に、お母さんが

「そんなことしてると鬼が来るよ」と言っていたことが心に残っていて、

自分がもしお母さんになったら、そんなふうにいうのがいいなって思っていたのです。


本当は「みんなが使うものだよ」「遊びものじゃないんだよ。大事にしようね」と言うのがいいのでしょうけれど、

小さい子にはまだ分からないこともありますものね。

だからといって、「そんなことしていると、図書館のお姉さんに怒られるよ!」というのもなんだかなあ~と。


サンタクロースを信じるように、鬼ややまんばや、こわ~いおおかみやら、

なんだかこわいものがいて、悪さをするとやってくるぞ~!!という心の部屋が、

いつの日か思いやりの心になったり、自分や他者を信じる心になったりするのかなあと思いつつ、

母さん、みんみの反応を楽しんでいます。(効果抜群なのもおもしろい^^うひひひひ♪)

小さなころからたくさん本を読んでくれた両親に感謝です。

私もいっぱいいっぱいお話の世界であそびました☆☆



今、暗闇がないと聞きますが、ここは夜になると真っ暗です。

ホタルも飛んで、ときどき夜のお散歩を楽しんでいます♪

20140611 019
田植えの合間にみんみが作りました。

自然まるごと、キャンパスです♪♪
スポンサーサイト

田植えが終わりました☆

2014/06/18 (水)  カテゴリー/お米作り

雨がしとしと降っています。

あじさいに、かたつむり。

かえるに、夜にはホタル。

そして田植えの季節です。

みなさんはお元気でいらっしゃいますか?

ひだまりも加勢してくださった皆さんのおかげで、無事に田植えを終えることができました。

なんだか忙しくてブログの更新が遅くなってしまって、すみません!

ときどき「ブログ見てます」と言われることがあり、どっきりします^^

お店の紹介と、私たちの生活のことをのほほん書いているのですが、

こうして見てくださっている方がいるなんて、うれしはずかし。

もう出会った貴方にも、まだお会いしたことがない貴方にも、

今日もうれしいことや素敵なことがありますように。

20140611 006
雨の日の苗取り。

あたりまえのようで、本当に奇跡みたいなことなのですが、

去年のお米をまいたら、稲が出てくるのです。

その苗の中からいいものを選んで束にして、田植えに備えます。

20140611 017
せっせのせ、せっせのせと、手で一本一本植えていきます。

今年はみんみ(うちの長女4歳)も植えましたよ~~♪

田んぼに入るって気持ちいいな!!

20140611 020
並んだ並んだ、一本植えの稲たち。

けれどこれで終わったわけではありません。

けんちゃんは今、毎朝早ーくから、そして雨の日でも、

せっせと草取りがんばっています(除草剤をつかっていない自然の田んぼです)☆

自然の中で、稲も子供たちも、すくすくおおきくなあれ!!

20140611 010