スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての誕生日☆

2011/01/23 (日)  カテゴリー/みんみのこと

みんみ:こんにちは!こちらみんみん放送局のみんみです♪
    今日はお祝いの日と聞いてやってきました。

ひだまりちゃん:そうです。1月21日は私たちにとって、とてもとても大切な日。
        我が家のおてんば娘みんみが生まれた日。今日は初めてのお誕生日なのです!

み:わあ、それはおめでとうございます!
    みんみちゃんは助産院で生まれたと聞きましたが、どんな風に生まれたのですか?
    ひだまり日和の記事で反響がありましたので、もう一度教えてください。


ひ:はい。医療介入ができない助産院で生みました。
陣痛促進剤も分娩台も会陰切開もない、自然分娩のためには食事に気をつけることと、とにかくよく歩くことが大切と言われ、毎日食事日記をつけ、生まれる直前までよく歩きました。
目的地まで3時間半(帰りはバス)歩いた翌日の夜、よく歩いたからか、痛みに鈍感だからか、助産院に着いて一時間でつる~んと生まれました。初めての子なのに!とみんなにびっくりされました^^

み:痛くなかったですか?

ひ:痛かったです^^でも陣痛の間中、姉(3人の子のお母さん)が手をにぎって、優しく力強く励ましてくれました。福岡に里帰りしていて、けんちゃんは大分から駆けつけてくれている途中だったので、本当に心強かったです。みんみが生まれたときのことを思うとき、姉のあのぬくもりを一番に思い出します。
それから、陣痛の間はずっと指を折って、大切な人の名前を唱えていました。みんながあなたのことを待ってるよって、おなかの赤ちゃんに話しかけていました。

み:分娩台がないということですが、どんな風に生んだのですか?

ひ:畳のお部屋におふとんがひいてあって、そこで立て膝をついて、大きなふかふかクッションを抱きついたようにうつぶせになって生みました。間接照明の淡い光の中、本当に自然のまんまの贅沢なお産でした。生まれてからはそのまますぐおっぱいを飲んで、けんちゃんとみんみと三人で初めての川の字になって休みました。会陰切開をしなかったので、生まれたばかりのみんみはとってもきれいで、お風呂に入ったのも、翌日のお昼でした。赤ちゃんは真っ赤になって生まれてくると思っていたのでびっくりしました。

み:しあわせでしたか?

ひ:もちろん^^けんちゃんと出会って、みんみに会うために生まれてきたんだなあと思いましたよ。
お母さんってすごいなあと心から思いました。私も、こうして愛されて生まれて、育ててもらったんだなあとこの一年間毎日思いました。

み:分娩台でのお産が普通になっていて、もちろんどんな形であってもみんなみんな尊いお産なのですが、こうこうお産もあるんだなあと選択肢の一つにいれてもらえるといいなあと思います。

ひ:ほんとですね。気になる方は『分娩台よ、さようなら』という本を読んでみてください。それから私が生んだ助産院(福岡県春日市にあります)のHPも見てみてくださいね!(春日助産院

み:さあ、今日はお祝いの日!インタビューはこれくらいにして、お母ちゃ~ん!

ひ:はい♪おめでとう、おめでとう。私のかわいいみんみちゃん。生まれてきてくれてありがとう。
お祝いのケーキですよ♪

PICT0003.jpg
これはみんみも食べられる、砂糖、卵、牛乳、豆乳不使用のりんごとかぼちゃのケーキ☆

み:いただきま~しゅ!!
PICT0006.jpg

そして次の日は朝からおもちをつきました。
ぴんく色は紅麹の色。この日はおじいちゃんおばあちゃんが来てくれておもち踏みをしました。
ケーキは二つもあったんですよ^^うひひうひひ♪

PICT0034.jpg

おめでとう。おめでとう。
これからも元気いっぱいすくすく育ってね!
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願いします♪
PICT0040_20110124224740.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント

遅ればせながら、おめでとうございます♪

みんみちゃん一歳おめでとうございます♪
大きくなりましたね~写真でもわかります♪
毎日毎日カワイイでしょう。
こんなに隙間なくかわいいってスゴイことですよね。
うちのみーちゃんも四歳になりました。
元気です♪

みーちゃんママ | URL | 2011/02/11 (金) 18:19 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。